Japan Duty Free GINZA/遠隔操作ロボット「CAIBA」実証実験

2017.04.22
Post to Google Buzz
Share on Facebook

4月20日、21日に銀座三越8階の市中免税店「Japan Duty Free GINZA」にて、
Haneda Robotics Labの一環として、遠隔操作ロボット「CAIBA」による接客の実証実験を行いました。
ss_1ss_2
今回の実証実験は、訪日外国人を中心とするお客さまに対して
日本語、英語、中国語による店舗のご案内(利用方法の説明、商品の案内等)を行いました。

弊社スタッフがゴーグルを装着してCAIBAをコントロールし、
お客様との対話を店舗や商品知識豊富な現地スタッフ様にご対応いただく流れで
店舗スタッフ様と連携した運用ができるかといった点を検証してまいりました。

お客様のインフォメーション役として活躍するほかに、
写真撮影のご要望も多い人気者でした。

店舗の雰囲気もお客様、スタッフ様の笑顔で眩しく、明るい雰囲気で実施することができました。
ss_3ss_4
ss_5ss_6
本実証実験で新たにでてきた課題を踏まえ、引き続き実用化へ向けて取り組んでまいります。

<東京営業企画部 T>